韓国俳優プロフィール情報4のTOPに戻る
「韓国俳優プロフィール情報4」トップ >  チョン・ソグォン > 韓国俳優 チョン・ソグォン(チョン・ソクウォン) プロフィール


韓国俳優 チョン・ソグォン(チョン・ソクウォン) プロフィール

韓国俳優 チョン・ソグォン(チョン・ソクウォン)のプロフィールです

ハングル 정석원


お誕生日 1985年
身長  185cm
体重 77kg
学歴 インチョン専門大学武道学科


出演作品

2007 KBSドラマ「美しい時代」
2008 KBSドラマ「彼らが生きる世界
2008 MBCドラマ「象」
2008 SBSドラマ「水瓶座」
2008 KBSドラマ「大王世宗(テワンセジョン)
2008 tvN 「マッチャング」
2008 映画「宿命
2008 映画「カン・チョルジュン 公共の敵 1-1
2008 映画「神機箭」

2009 SBS週末ドラマ「燦爛たる遺産」チン・ヨンソク
2009 MBC週末ドラマ「縁作り」チョン・ギュハン役
2010 SBS月火ドラマ「ドクター・チャンプ」ユ・サンボン役

2011 SBSドラマ「マイダス」チェボム随行秘書
2011 KBS2「ホワイトクリスマス」ユン・ジョンイル役

2012 SBS水・木ドラマ「屋根部屋の皇太子」ウ・ヨンスル役
2012 KBS2月・火ドラマ「海雲台(ヘウンデ)の恋人たち」チェ・ジュンヒョク役

2013 KBS2ドラマ「IRIS競▲ぅ螢2」ペクサンの若い頃役
2014 MBCドラマ「Mr.Back(ミスター・バック)」チョン・イゴン役



☆ここからは2012/6/8に配信された記事からです

屋上部屋の皇太子´ チョン・ソクウォン ″NG王はまさに私,笑い堪えにくかったです

かなり衝撃的だった.その間ドラマずっと作品で無口で男性的なイメージをお目見えした俳優チョン・ソクウォンが SBS ドラマ ‘屋上部屋の皇太子’を通じてコミックな演技に変わるなんて.

チョン・ソクウォンは先月終映されたこのドラマで朝鮮最高の剣術師ウ・ヨンスル役を引き受けて出演した.初盤男らしい外貌,カリスマあふれるアクションなどは剣術師らしかった.ところで彼が皇太子イ・ガク(パク・ユチョン)と一緒に現代に越えて来ると透きが隅隅まで発見され始めた.

視聴者たちは彼の透きに沸き返えたチョン・ソクウォンが目を覆して卵白を見せる時や,椰子タイムが終わったとは分からなくてイ・ガクに “年も幼いのが,親よく会ってぱっとそのまま”と言うなど彼は気付きなしに後の祭りを打つキャラクターで笑いを抱かれた.

-ウ・ヨンスル役目がかなり案外だった.初コミック演技はどうだったか.

“比重を去って作品が本当に面白かった.この役目が入って来た時して見たい心が大きかった.初コミック演技だったが楽しみながらした.初盤に花腹心 3人方(チョン・ソクウォン、イ・ミンホ、チェ・ウシク)と一緒に笑わせなければならないという負担になることがあったがそのままキャラクターに充実しようと思った.そのことだけでも充分に面白いから.”

-アドリブ戦争だったと言っていたが.

“シナリオに出ているよりアドリブをもっとたくさんした.またそれを監督様も願った.制止すればしないのに私たちが自由にできるように手伝ってくれた.いつもシーンが終わると手にアドリブをたくさんして撮影が長くなるほどだった.”

-コミックな場面が多かった.NGは誰がたくさん出したか.

“毎シーンごとに NGを出した.その中でも私が本当に NGをたくさん出した.ウ・ヨンスルが真摯なキャラクターだから見るから笑いを堪えるのが大変だったよ.笑いを堪えるために苦労した.”

-ハン・ジミン,パク・ユチョン,腹心3人方とたくさん親しくなったか.

“ドラマ撮影はぎりぎりだったが大変なのを感じる事ができないほどに撮影場の雰囲気が本当に良かった.私が腹心3人方の中で一番年上だったがみんな友達のように過ごすようになった.ハン・ジミンは主人公として最善をつくして大変なそぶりはしなかったよ.パク・ユチョンは熱心にする姿が良かった.プロらしかった.”

-オムライス,運動服などが懐かしいようだ.

“オムライスはあまり懐かしくない.(笑い) 冬に撮影をしたがオムライスが本当に冷たかった.米粒も硬くて...おいしく食べるために大変だった.運動服は撮影初盤にも着たがそれでもっと良かったようだ.いつ長髪をして運動服を試着してみるか.本当に面白かった.”

-視聴率が 1位に終映をした.驚いたろう.

“1位できる事ができない.19,20回はシナリオを見ながら ‘本当におもしろい’ たかったが 20回で視聴率 1位をすることは思いもよらなかった.どんなにそんなことができる?一緒に同時に水木ドラマ(MBC The King 2Hearts,KBS2 赤道の男)が始めて薄氷だったが.サッカー競技見るようだ.”

-シナリオが画面につかまる玉にきずが話題になった.

“ドラマを見た時、私も分からなかった.そのまま ‘シュン’ 過ぎ去って分からなかったがファンがドラマを 3,4回見てキャプチャをたくさんする方だからその場面をキャッチし出したのだ.車にシナリオがあることを見終わっても驚いた.記事もたくさん出て恥ずかしかった.これをきっかけで ‘これからもっと集中しなくちゃね’と思った.”

-KBS2 ‘烏究橋の兄弟たち’に引き続き今度作品まで.認知度をちょっと高めたようだが.

“‘烏究橋の兄弟たち’を大人たちがたくさん好んでくれたし ‘屋上部屋の皇太子’は小学生から中高生など学生たちが関心あるように見てくれたようだ.ファンがツイーターを通じて面白いパロディー写真をたくさん送ってくれたが体感が来た.認知度は重要に思わない.一応私の事に最善をつくすのが重要だ.”

-仁川専門大学警護武道科を卒業,ソウルアクションスクールでスタントマン活動をしている途中俳優にデビューした.演技の魅力は.

“キャラクターを作り上げる楽しさがあるようだ.ロボット作ることとようだ.マニュアル部品を持ってロボットを作るように,演技もそうだ.大変だがキャラクターを作り出したという胸がいっぱいさがある.また私は俳優になる前には閉じこめられていた.一つだけ思ったが多様な経験をしながらたくさんぶつかって見るようになってそれとともに自由に変わったようだ.”

-これから計画は.

“次期作は慎重に決めようと思う.‘屋上部屋の皇太子’とは違う新しいキャラクターであいさつさせていただきたい.また他の作品を通じて発展した姿を見せるように努力する.活動以外に運動をしようと思う.撮影によって不規則的な生活をした体力がたくさんくたびれている.ボクシング,スイミングなどをまたやって見るかと思っている.”